ぼつぼつだろうと思っていた
長野の友人

7月5日には
本人が「あと2~3日だろう」と言った

それから4日目
今日の夕方

いつも夜になると
しんどくなっていたとの事

今日も同じような症状がでた

付き添いの妹さんが
声を掛けた

「もう今までよく頑張ってきたんだから、もういいんじゃないん」

返事をするように
心臓の鼓動が止まったらしい

看護婦さんが
「妹さんの声にこたえてくれたみたい」


合掌


癌が発症したころ
彼と
いくつかの「やりたい事リスト」を作った
その時のひとつ「オーロラ」

「一緒にオーロラ見に行きたいよな~」って話した

その夢は果たせなかったが


日曜日の
お見舞いに下げていった

チープな「オーロラ投影機」

e78560ae.jpg



最後の約束

彼との
遺骨の一部を大山山頂に持っていく約束


今日昼過ぎに
ベッドで横になる
彼の耳もとに
電話を運んでもらった

「約束は任せとき、聞こえたか?」と言ったら

ハッキリ聞こえているのに
首を横に振ったとの事

ホントに彼らしい

最後のやり取りだった