安倍内閣が
秘密保護法に続いて
「共謀罪」の新設を狙っています

自民党の高市早苗政調会長が
「できるだけ早く」(12日)といえば
谷垣禎一法相も「重要な課題だ」(13日)と
呼応したとか

「共謀罪」の最大の問題は
犯罪の実行や未遂など“行為”がなくても
2人以上の人が犯罪について話し合っただけで
処罰されることです

具体的行為がないのに
話し合っただけで処罰されるのは
刑法の大原則を大きくゆがめるものです

捜査する側のつごうで
どうにでも利用できる怖い法律です

ポルカ前①)