昨日のこと
知り合いから電話あり
「バイクでこけた、歩けん、病院に連れて行ってくれ」

彼の家は
車を止めれる道路から
自宅の建物まで100mぐらいある

救急車をよぶか
友人の応援を頼んで担ぐか
いろいろ考えながら

とりあえず訪問

彼は片足が使えず
立ち上がるのも困難

抱き起し
とりあえず背負ってみたら

なんとかなる

少し勾配のあるのぼり道
100㎏を超える彼を背負って
車まで運んだ

息は切れたが
腰椎狭窄症の手術の成功を
体感できた出来事