高梁市議会は

定例会の一般質問時間を

45分から40分に5分短縮


理由は

市民からの意見で

「時間が長い」

「わかりにくい」

という指摘があったから~


001


議員は


市民の声を代弁し

行政に対して質問や意見を述べるのが仕事


その発言時間を短縮することを

議員自身が決めるのは

自分の首を絞めることであると思う


聞いている市民が

長いと思ったり

わかりにくいと思ったなら

発言している議員自身の力量や

市民の声の代弁になってないからであると思う


これは

質問時間の短縮では解決しない


むしろ市民の皆さんからは

「議員は報酬もらっているのに議会で発言しないとはなにごとか」

とのお叱りの声のほうが多いと思う


むしろ

時間を短くするより

議員の力量アップと

発言時間を保証したほうが


市民のために

市政のためになると思うが

どうだろうか


・・・・・


という自分も

要点を明確にして

わかりやすい質問をしなくてはと

反省してはいる


この自分の反省と

時間短縮は

全く別問題である