民草の声~

◆「戦時資料の発掘屋」が市議会議員となって、悪政と自分自身との戦いをつづるブログ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆登場する人物・団体・出来事は、多少?誇張がありますのでお気をつけください。

中国・北京のこと

北京の写真スタジオにて


テレビとか映画なども
撮れるようなスタジオです

3c63ea58.jpg


旦那になる方は

ここでテレビの
吹き替えの仕事をしたとか


北京上陸です


超急ぎの仕事
わりかた急ぎの仕事
締め切りはないが
こなさないといけない仕事

追われながらも
最後は
徹夜で頑張ってみたが

飛行機の時間に
間に合わなくなりそうで...

88aea002.jpg


心あたりのある方
申し訳ない

・・・・・

北京で娘や旦那になる相棒と
式や段取りなどのすり合わせです

明日は中国式?の
記念写真の撮影です



結納

先日の
太鼓を選んでいたのは彼

北京にいる娘と結婚をしたいとの事で
ご両親と高梁に来られました

131012_132017_ed


我家では
一家の節目には
写真屋さんで記念写真を撮ることにしていますので

先方のご両親ともあわせて
6人で記念写真の撮影を

131030_085357_ed

結婚式等は
出来るだけ簡素に進めたい意向でしたが

先方のお爺様が
結納はさせていただきたいとの事で
頂くことに

結納返しと言うわけではありませんが
音楽活動をしている彼に記念にと
太鼓をプレゼントしたものです

楽器屋さんで選んでいたのが
先日の写真でした





トマト風味のなまず鍋

吹屋の紅や

私が議員になってから
なかなか
お店に出ることができなくなりましたが

大場さんが
頑張って(あたりまえか?)お店を切り盛りしています
原則として週一回
金曜日をお休みにしているだけ

でも
お店の伝言板には

「はるばる東京から来たのに」
「宝塚からきました」
「高梁紅茶楽しみにしていたのに」

などなど

留守伝言が・・・・

130112_150817_ed

留守に来られた方
大変申し訳ありませんが
再チャレンジお願いします

高梁紅茶
べんがらカレー

皆さんをお待ちしています

・・・・・

大場さんと
古民家再生カフェ友達の

総社市「NAYA工房&Cafe 」で
新年のお食事会のおよばれです

130112_165506_ed

ランチとお鍋頂きました

お店の方は
どんどん進化しています・・・スゴイ

・・・・・

大場さんと
お鍋といえば

先日の北京で
人生はじめて食べたのが

なまず

130104_194103_ed

この后海近くのお店では

生きているなまずを目の前出され
「これで良いか?」と確認

頭ごと一匹が
トマト風味の鍋で出てきます

淡白な白身でおいしく頂きました

・・・・・

実は
大場さんもかかわって

高梁市宇治町では
なまずの養殖をしていた事があるんですが

管理が難しいとの事で
今はされていません

残念




たった6日間で撤回?北京の交通事情

北京には2~6日まで滞在していたが
その間は
今までに無い交通渋滞に巻き込まれた

原因は1月1日からの
交通法規の改正にあったとの事

タクシーに乗ると
「シートベルトを締めろ」と必ず言われたし

飲酒運転などの規制も
厳しくなったとの事であるが

一番の問題は
黄色信号は日本と同じ「注意」だったのであるが
赤信号と同じ意味の「止まれ」に改正された

違反の罰則も強化されたために
路線バスなどにも影響が出るほど
渋滞がひどくなったのである

しかし
私たち夫婦が帰国した6日には
交通規制が厳しすぎると
市民に受けいられず
撤回したとの事である

・・・・・

下の動画は

北京の后海
とても大きな池で
天然のスケートリンクになっています



夫婦で童心にかえりました
大きな笑い声は娘です



北京・天津で戦時資料の発掘「ガラスの振り子・ベル」

謙信洋行の時計のオブジェ?を
購入した店は
時計部品もなども扱っており

こんなものもゲットです

右側は戦時の物資不足ごろにつくられた
ガラス製の振り子

左側は目覚まし時計についていた
ベルとの事でやはりガラス製

見たことも
聞いたことも無いので
これから由来を調べなくては・・・

130114_204119_ed

同じ店で購入したのが
この
クリスマスのオーナメント

ガラス製電球が
サンタクロースなどの意匠です

130114_203722_ed

この値段をたずねたときに
290元(約4000円)といわれ

「その端数はなぜ?」とたずねたら

2年前に日本人のお客が
300元で買わなかったから
10元ひいたとの事・・・・

今回このおじいさんからは
数点まとめ買いし
オーナメントは
200元で分けていただきました

いやいや

実は
その2年前の日本人は
私のことだったんです

ほこりをかぶったまま
2年間柱に釘で止めたまま
売れずに待っていてくれたんですね

そういえば
謙信洋行の時計も
2年前からあったような気がしてきた





北京・天津で戦時資料の発掘「謙信洋行」

天津の時計部品などを扱っている
骨董屋さん
一坪ほどの店舗ですが
面白いものを何点かゲット

こちらはこのガラスケースのまま
展示されていました目ざまし時計

内部のパーツはほとんど無く
古い時計のオブジェです
おじいさん(店主)のセンスは抜群です

130114_210017_ed

時計には謙信洋行とあります
これは明治の30年ごろからドイツの商品を扱う商社で
神戸の居留地にありました

時計は動きませんので
時間を広島原爆が炸裂した8時15分40秒にあわせ
自宅に鎮座させました

こちらは
偶然天津の露天で見つけた
謙信洋行のストーブ(バーナー)の空き缶です

130114_202539_ed

Gutav Barthel社( ドイツ)は
現在も営業してます


北京・天津で戦時資料の発掘「八露軍・文化大革命」

こちらは
青天白日旗の意匠があるランプ

日中戦争当時の物と
説明を受けたが正確には不明

ランプの芯受けが陶製です

130114_203956_ed


こちらは謄写盤・印刷用インク?の空き缶

文化大革命当時の意匠

130114_202425_ed

歯車に稲穂に鳩
赤旗に勝利の文字

労働者と農民
平和に勝利と
時代背景たっぷりのデザインです



石部誠プロフィール
「ヒッポ爺」の由来
「ヒッポ爺」のハンドルネームは
2006年2月の
このブログの開始時に命名

夫婦でカバ(ヒポポタマス)の
生態系・性格・見た目も好きで
河馬物のコレクションを
結婚当初からしている事が由来



ジオターゲティング
あやしい訪問者

    人気ブログランキングへ
    記事の検索
    「民草」の由来
    我輩の屋号は「民草」
    たみくさ(tamikusa)と読みます

    戦時資料の収集を初めて
    10年目のころ
    古物免許の取得に屋号が必要で
    そのとき命名したのが
    「民草」です

    明治天皇が庶民のことを
    和歌で「民草」と表しています

    戦時中の
    庶民の暮らしを彩った生活用品
    毎日の生活で使い込まれ
    消えていった消耗品

    特別な美術品や工芸品でもなく
    選ばれた人や
    王侯貴族の資料ではなく

    今では見ることの無くなった
    ありふれた生活用品に
    思い入れがあります

    我輩が生まれたのは1958年

    この年は
    一万円札の発行
    東京タワーの完成
    インスタントラーメンの発売
    売春防止法施行

    私は本当の意味での
    「戦後生まれ」の小市民

    社会の底辺の暮らしを
    発掘してまいります
    コメント
    タグクラウド
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ