民草の声~

◆「戦時資料の発掘屋」が市議会議員となって、悪政と自分自身との戦いをつづるブログ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆登場する人物・団体・出来事は、多少?誇張がありますのでお気をつけください。

戦時資料

明日は敗戦の日・新しい日本の始まり


この金属の溶解したものは

1945年3月12日
名古屋空襲によって
活版印刷用の写植(文字)が解けて
塊になったものである

130814_205629_ed


持ち主は
怒りと絶望をこめてか

130814_205653_ed

「残骸・哀れな記念品」として
手元に残された

・・・・・

こちらは火箸
1945年6月29日
岡山空襲時に
火災により
鋼が軟化した刀の再生品

130814_210229_ed

持ち主が
空襲戦災によって
消失した刀を刀鍛冶に依頼し
火箸として再生している

130814_211542_ed

敗戦の年
1945年10月20日には

日本共産党は
1922年結党以来
戦争反対・国民主権をうたい
侵略戦争に反対し
弾圧や拷問に抗して投獄されたり
命を失うなどの戦いもあったが

130814_205133_ed

戦後に開放合法化され

復刊された機関紙
赤旗・第一号

・・・・・

その2年後
1947年5月3日憲法制定

あたらしい憲法により
「民主主義」「國際平和」「主権在民」
がうたわれ

あたらしい日本が始まった




戦前航空機の木製プロペラやキャノピー展示してます


自宅前の放置状態から
金子やに移動

ホンダジョーカー90

PICT0005


それから
宮崎駿監督『風立ちぬ』
スタジオジブリ人気にあやかろうと

持ち込んだのが
飛行機のコクピットをおおう
キャノピー(風防)です

PICT0003 (2)

二枚でセットのスライド式です

譲り受けた先からは
戦前戦後の米軍機ではとのことでしたが
特定は出来てません

けっこう古いものでジュラルミンの縁に
硬質アクリルガラスです

どなたかご教授ください

これ以外にも
戦前の航空機の木製プロペラと
ポスターなんかも展示予定です

吹屋の「金子や」
ずいぶんマニアックで
子供心と想像力を沸きたてる
店構えになってまいりました

自分自身は
吹屋でホッコリとした時間を
最近過ごせてませんね

残念です



DDTに墨塗り教科書


あさっては終戦(敗戦)記念日ですが

戦後占領下で
しらみ退治にDDTを頭に噴霧

頭が真っ白になった
その記憶の残っている方もいらっしゃるかと

それがこちら

130813_114452_ed (1)

タバコケースほどの
ブリキ缶アメリカからの輸入品に
日本語のラベルが添付

蓋からは白い粉がもれてますけど

130813_114452_ed

墨塗り教科書とは
敗戦後に米軍の命令で
国家主義や戦意高揚の内容を
墨で塗ったり
ページそのものを切り取ったして
消させたものである

いままで教科書以外では
見たことがなかったが

130813_114739_ed

このたび入手した
「宇佐神宮由緒記」

ここは
全国の八幡様の総本宮であり
天皇のともゆかりがあり
称え奉るところであるが

130813_114846_ed

この由緒記に
墨が入り
数ページが切り取られていた

どこで使われていたモノが
どのような経緯で
この処置がおこなわれたのだろうか

天皇の戦争責任や
戦後憲法の
象徴天皇制との関係があるのか

どうなんだか




戦争の道具で平和をのぞむ


知り合いの
ブログにこんな記事が

・・・・・
戦争の道具が
子どもたちの夢を広げる道具に

岡山市内での
観望会でお目見え
します

946634_492584730822771_1016995404_n

「豊光」第342号(口径120ミリ20倍)
推定年齢
は70歳

海軍航空隊が飛行場に
配置していたものとされます

生涯に彗星12個と新星11個を発見し
アマチュア天文家として
界的に知られた故・本田実先生が
天体観測室で彗星捜索用に使っ
ていました

分解して清掃するなど整備し
本田先生愛用の架台を流用しまし


『あたらしい憲法のはなし』(文部省)の
「戦争
の放棄」を説明した挿絵では

21456_492584790822765_1006613390_n

戦争の道具を溶かして
消防車や船や
列車に変えていますが

性能のいい望遠鏡は
そのままでも使えま


子どもたちが
月や土星、木星、星ぼしを見て
歓声をあげる・・
・・

なんと平和なことでしょう

・・・・・

実は私の持っている
宝物のひとつが
この白扇です

130726_150016_ed

上記のブログに
紹介されている本田実先生の直筆

・・・・・

山に来て
遠き峰みる
峰に来て
なお遠き
山の
見へえたり

・・・・・

無限につづく
時間と空間

生き様まで
うたいこんでいます

私も
本田先生の双眼鏡で
宇宙の果てを

見てみたい











吹屋の「紅や」「金子や」


吹屋の「金子や」

「べんがら赤・黒カレー」や
「べんがらラーメン」が
食べる事ができます

こちらのお店は
古いバイクや昭和の道具を中心とした
どちらかといえば
男性好みに仕上げた古民家です

・・・・・

議会や選挙もひと段落し

本日早朝より
もよう替えをしました

本朝7時過ぎに
四国の阿部MTさんから届いた

130724_075834

BMW・R75/5
Nakano・GP-sports

130724_115547_ed

店内に搬入しました

130724_115645_ed

奥のスペースに
Honda・CB450/K1Racer

130604_142609

真空管テレビの上には
戦後間もない自転車用エンジン

軒下には
古いアメリカ製の
エンジン付きキックボード
を展示しています

130725_111553_ed

こちらは
本日友人から嫁いできた
Honda-Joker/90

こちらも展示しようかと
考えています

店周りにも手を入れました
大場さん早朝からご苦労様でした

・・・・・

「紅や」のほうは
高梁紅茶や福山コーラなど
こだわりのある飲物も
飲んで頂けるカフェです

アートな感覚と古い道具類で
どちらかといえば女性がここちよいと
考えていただけるような空間を
心がけています

いちど
お立ち寄りください













戦争遺跡・水島航空機製作所・亀島山地下工場

戦争遺跡保存全国シンポジウムが
倉敷市で開催されます

水島・亀島山には航空機を作るための
地下工場がありました

その保存と活用を目指し
運動を強めているところです

kamejimayama

8月17~19日
水島愛あいサロンにて開催

講演や全国からの報告
そして現地見学会も行われます

晴れるといいな



岡山大空襲


1945年6月29日深夜に
岡山空襲が行われた

300px-Okayama_after_the_1945_air_raid

アメリカ軍の100機を越えるB-29が
市民の寝静まった時間を狙い
無差別に空爆

130706_182503


写真はM69焼夷弾の殻

中に油脂が入っており
木造の日本家屋を効率よく焼き払うために
第二次大戦時に米軍が開発

B-29から
48本が結束された焼夷弾
一機あたり80発を投下

上空でこれらが分離
一斉に地上へ降り注ぐ

130706_182524

約一万発の焼夷弾が

人家の屋根を突き抜け
火災を起こすだけでなく

大量に降り注ぐため
人体への直撃もあったらしい

IMG_5748

今日は

その焼の野原になった
岡山駅頭で

戦前から一貫して
反戦平和の党「日本共産党」の
演説会がおこなわれた









東京・美津濃製(飛ぶ手榴弾)


本日は後援会の皆さんと
号外配布を

東京都議選がんばったなぁ
など

みなさんに励まされました

・・・・・

もう数年参加していませんが
倉敷芸文館では
「倉敷・懐かしマーケット」が
本日開催されていました

早朝
その会場にいる友人から
写メが届き
あわせて電話がありました

「こんなん出てますけど、買っときましょうか?」

SH3J0414_ed

「廃品捨てずに資源報国」
仁丹の廃品回収箱です

「はいっ頂きます」

現在にも通じる?
リサイクル精神ですね

・・・・・

先日プロ野球の「飛ぶボール」が
問題になっているときに
写真は撮っていたんですが
アップが遅れてしまいました

130630_205841

現在の小中学生にも
体力検定があり

「ソフトボール投げ」の競技が
ありますが

戦時中には
「手榴弾投げ」が
競技としてあったんですね

当時の
世相を反映しています

130630_205910
体力章・検定規格・手榴弾

ずっしりと重く
外にはゴムがまいてあります

130630_205953
そう
「飛ぶボール」を作った
東京・美津濃(ミズノ)製












石部誠プロフィール
「ヒッポ爺」の由来
「ヒッポ爺」のハンドルネームは
2006年2月の
このブログの開始時に命名

夫婦でカバ(ヒポポタマス)の
生態系・性格・見た目も好きで
河馬物のコレクションを
結婚当初からしている事が由来



ジオターゲティング
あやしい訪問者

    人気ブログランキングへ
    記事の検索
    「民草」の由来
    我輩の屋号は「民草」
    たみくさ(tamikusa)と読みます

    戦時資料の収集を初めて
    10年目のころ
    古物免許の取得に屋号が必要で
    そのとき命名したのが
    「民草」です

    明治天皇が庶民のことを
    和歌で「民草」と表しています

    戦時中の
    庶民の暮らしを彩った生活用品
    毎日の生活で使い込まれ
    消えていった消耗品

    特別な美術品や工芸品でもなく
    選ばれた人や
    王侯貴族の資料ではなく

    今では見ることの無くなった
    ありふれた生活用品に
    思い入れがあります

    我輩が生まれたのは1958年

    この年は
    一万円札の発行
    東京タワーの完成
    インスタントラーメンの発売
    売春防止法施行

    私は本当の意味での
    「戦後生まれ」の小市民

    社会の底辺の暮らしを
    発掘してまいります
    コメント
    タグクラウド
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ