民草の声~

◆「戦時資料の発掘屋」が市議会議員となって、悪政と自分自身との戦いをつづるブログ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆登場する人物・団体・出来事は、多少?誇張がありますのでお気をつけください。

闘病する友人のこと

お墓参り

お彼岸は
選挙期間中であったこともあり

先週の日曜日に
やっと
おばあさんの墓参りに出かけました

笠岡市神島

おばあさんが90歳を超えても
ここのカレーが美味しいと
出かけていたお店

cafe de toi サンロック

121021_135058_ed

ここから見る
神島海峡?は絶景です

もうひとつ

金光にある
長野の友人のお墓参りにも

121021_124530_ed

今月末に
この友人の遺骨の一部を

鳥取県の大山山頂に
散骨する予定でしたが

我輩の第四腰椎の具合が
選挙後いまだ復活せず

残念ながらこの足の具合では
大山登頂は無理

「来年7月の一周忌に変更です」と
墓前に報告してまいりました

同行しようと
楽しみにされていた皆さん

申し訳ありません



「納骨」

長野の友人

8月25日に
葬儀と納骨を同じ日に行い
倉敷玉島のお墓に入りました

DSC005691

親族の方に
スライドを見ていただきながら
生前の彼のことを語ることができて
光栄でした

こちらは彼が生前に
「石部には車をやってほしい」と
いってくれてましたが

120828_084737_ed

我輩には少し荷が重過ぎる
「エスティマ・ハイブリッド」

彼のご好意と
愛車のキーホルダーだけいただきました

彼が2006年に
ドイツのワールドカップ観戦に出かけたときの
思い出のキーホルダーです

・・・・・

長野での「お別れ会」に参加できなかった
地元の友人らで2次会を
彼の実家でおこないました

ホントに
楽しい時間をありがとう



告知「今井勉さんの納骨式」のご案内


我輩の自宅には
大山に散骨するための
友人の遺骨を
少し預かっています

120816_081539_ed

嫁さんがピンクのゆりの花を
買ってきてくれました

・・・・・

8月25日(土曜日)
地元での法要(納骨)です

浅口市鴨方町鴨方
長谷寺にて
午前10時より

納骨後
お寺にて昼食を

今井勉の生前の写真を編集した
DVDをながします

心当たりのある方は
ご連絡ください







約束

長野の友人のこと

お別れ会では
彼の大学生のころから最近までの
写真をそえて
我輩が知りえる限りの話を
させていただいた

7月にお見舞いに行ったとき
5月に会ったときにくらべて
一気に老け込んでいるような感じがした

我輩も訪問したその土日には
親しくしていた友人らが
彼の元を訪れたとの事

その翌日に亡くなったのは
彼の最後の頑張りで
みんなへのお別れが言えたことへの
安心感だったのもしれない

彼の生き様は
彼の死に様は
見事だったとおもう

表現は難しいし
みんなにわかってもらうのは困難だと思うが

我輩は・・・
悲しい気もちになったり
沈んだ気持ちになったり

してない

嫁さんは号泣していたが
実は我輩
涙もでてない

彼との約束もまだ残っているし
お付き合いは継続しているし

体や実像はなくなったが

少なくとも
我輩を悲しませない終わり方をした彼は
見事である思う

鉢植えの横にある
ガラスの蓋モノ

4d5ab4f6.jpg


彼の遺骨の一部を預かっている

10月28日に
大山山頂での散骨の約束

最後に彼が我輩にかけた言葉は
「足は大丈夫か?」だったが

これは我輩の足を
純粋に心配しての言葉だったのか

大山に遺骨を運ぶのを
「こいつに任せて安心か?」を確かめたのかは

定かではない

おわかれ会


長野の友人

f56c24c3.jpg


無宗教で友人葬

0ecafc83.jpg


立食パーティー方式です


オーロラ

ぼつぼつだろうと思っていた
長野の友人

7月5日には
本人が「あと2~3日だろう」と言った

それから4日目
今日の夕方

いつも夜になると
しんどくなっていたとの事

今日も同じような症状がでた

付き添いの妹さんが
声を掛けた

「もう今までよく頑張ってきたんだから、もういいんじゃないん」

返事をするように
心臓の鼓動が止まったらしい

看護婦さんが
「妹さんの声にこたえてくれたみたい」


合掌


癌が発症したころ
彼と
いくつかの「やりたい事リスト」を作った
その時のひとつ「オーロラ」

「一緒にオーロラ見に行きたいよな~」って話した

その夢は果たせなかったが


日曜日の
お見舞いに下げていった

チープな「オーロラ投影機」

e78560ae.jpg



最後の約束

彼との
遺骨の一部を大山山頂に持っていく約束


今日昼過ぎに
ベッドで横になる
彼の耳もとに
電話を運んでもらった

「約束は任せとき、聞こえたか?」と言ったら

ハッキリ聞こえているのに
首を横に振ったとの事

ホントに彼らしい

最後のやり取りだった



筑波大学病院

長野の友人のおみまい

42e9c41a.jpg


これから帰ります






実は岡山空港


嫁さんと

828462b1.jpg


東京にひとっ飛びです






石部誠プロフィール
「ヒッポ爺」の由来
「ヒッポ爺」のハンドルネームは
2006年2月の
このブログの開始時に命名

夫婦でカバ(ヒポポタマス)の
生態系・性格・見た目も好きで
河馬物のコレクションを
結婚当初からしている事が由来



ジオターゲティング
あやしい訪問者

    人気ブログランキングへ
    記事の検索
    「民草」の由来
    我輩の屋号は「民草」
    たみくさ(tamikusa)と読みます

    戦時資料の収集を初めて
    10年目のころ
    古物免許の取得に屋号が必要で
    そのとき命名したのが
    「民草」です

    明治天皇が庶民のことを
    和歌で「民草」と表しています

    戦時中の
    庶民の暮らしを彩った生活用品
    毎日の生活で使い込まれ
    消えていった消耗品

    特別な美術品や工芸品でもなく
    選ばれた人や
    王侯貴族の資料ではなく

    今では見ることの無くなった
    ありふれた生活用品に
    思い入れがあります

    我輩が生まれたのは1958年

    この年は
    一万円札の発行
    東京タワーの完成
    インスタントラーメンの発売
    売春防止法施行

    私は本当の意味での
    「戦後生まれ」の小市民

    社会の底辺の暮らしを
    発掘してまいります
    コメント
    タグクラウド
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ