民草の声~

◆「戦時資料の発掘屋」が市議会議員となって、悪政と自分自身との戦いをつづるブログ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆登場する人物・団体・出来事は、多少?誇張がありますのでお気をつけください。

カバ・河馬・ムササビ

ぱっつん、ぱっつんのシャツ


今回の一泊二日の行程で
荷物は
できるだけ減らそうと
着替えも
下着と靴シタのみとしたが

我輩のシャツが汚れてしまい
購入することとなった

宿泊先の
藤沢市でスーパーに
入ったら

このシャツを発見

121124_214622_ed

ピンク色の
ボタンダウンです

オシャレかどうか
似合うかどうか
値段がどうか

等々の

そういった問題ではありません

そう~
このシャツ

121124_214741_ed

カバ柄だったんです

もちろんLサイズを
購入し

着用しましたが

お腹が
ぱっつんぱっつん
でした

行き交う皆さんには

たいへんお見苦しい身なりで
申し訳ありませんでした

ホント



「平和大会に学術発表」

岡山空港では
平和大会に参加するHさんや

看護の学術発表に参加するFさんなどと
出会いました



我輩夫婦は
平和とも学術とも無関係に

たまたま
同じ飛行機で東京にと・・・

実は昨日の
11月22日が結婚30周年

それで4年に一度の
「ヒポミのかば祭り」に参加しようと

2123730a.jpg


4e43fafb.jpg


現在夫婦で東京です



岡山空港です

家を
5時過ぎに出発

2ecf7945.jpg






カバ柄のネクタイ


我輩の
「ヒッポ爺」のハンドルネームのとおり?
カバ物の収集を
夫婦で30年近くしている

先月末の誕生日は
嫁さんに忘れられてはいたが

じつは自分で

ヤフオクで
カバのネクタイを購入した

送料をふくめても
数百円で購入できたので

喜び勇んで
嫁さんに見せたら

121110_234808_ed

「これは、熊か犬じゃろ~」と
にべもない・・・・・

言われてみれば
そうかもしれない・・・(落ち込む)

ん~

敵討ちにと
もう一本
思い切って購入

と、言っても
またもやヤフオク

数百円とはいかなかったが

121110_234452_ed

今度は
まぎれもないカバ柄

121110_234344_ed

・・・HERMES(エルメス)製

121110_234424_ed

でも

「ピンクのネクタイって、いつ締めるん?」
と、嫁さんは鼻で笑う

いや
まあ

それは
そうだけれども・・・






撤収

昨日戦時資料を
文化交流館から撤収いたしました

a9a5c196.jpg


NHKのニュースや
山陽新聞などで紹介されたこともあり

結構なご来場を迎えたものと
おもわれます

吉備国際大学の学生さんなども
きていただき
少しですが
説明させていただきました

稚拙な説明で申し訳ないかなと

この経験を
何回か繰り返すことが出来れば
聞き手の心を
わしづかみにすることも
可能かと・・・・

やっぱり
無理かな・・・・

こちらは
嫁さんが買ってきてくれた
歯ブラシカバー

d9ae0d1c.jpg


トラ?クマ?

そんなことより
嫁さんの歯ブラシカバーは
カバでした

何で????

我輩も
河馬のがほしい




婆さん猫「ふう」

2、3日前から体調不良で
食欲もない

胸の血種?も大きくなり
ぺろぺろなめるから表皮が破れている

15歳になるおばあさん猫

a0c83742.jpg


何度か
峠を越えて
三途の川は渡らずに戻ってきた

今回はどうなのか?

一番なついていた娘が
6月上旬に一週間ばかり
中国から帰国するが
それまでもつのか心配



もふもふ


もふもふ

もふもふ

もふもふ

120512_211620


チョビとフックが
ハート型のクッション

もふもふ






バナナ河馬

和歌山の友人に
もらい物の桃を送ったら

バナナを頭にのせた
カバがとどいた

cbfcb355.jpg


どうも
桃は少し痛みかけていたらしいが

勘弁してね


石部誠プロフィール
「ヒッポ爺」の由来
「ヒッポ爺」のハンドルネームは
2006年2月の
このブログの開始時に命名

夫婦でカバ(ヒポポタマス)の
生態系・性格・見た目も好きで
河馬物のコレクションを
結婚当初からしている事が由来



ジオターゲティング
あやしい訪問者

    人気ブログランキングへ
    記事の検索
    「民草」の由来
    我輩の屋号は「民草」
    たみくさ(tamikusa)と読みます

    戦時資料の収集を初めて
    10年目のころ
    古物免許の取得に屋号が必要で
    そのとき命名したのが
    「民草」です

    明治天皇が庶民のことを
    和歌で「民草」と表しています

    戦時中の
    庶民の暮らしを彩った生活用品
    毎日の生活で使い込まれ
    消えていった消耗品

    特別な美術品や工芸品でもなく
    選ばれた人や
    王侯貴族の資料ではなく

    今では見ることの無くなった
    ありふれた生活用品に
    思い入れがあります

    我輩が生まれたのは1958年

    この年は
    一万円札の発行
    東京タワーの完成
    インスタントラーメンの発売
    売春防止法施行

    私は本当の意味での
    「戦後生まれ」の小市民

    社会の底辺の暮らしを
    発掘してまいります
    コメント
    タグクラウド
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ